• 弊所のモットーは「もっと仕事を楽しくしたい。」です。

 

 

このホームページを開設してから、初めての事なので「通過儀礼」と言う意味でも、取り上げない訳にはいきま

せん。

 

興味の無い方も「後学の為」と割り切って、お付き合い下さい。

 

身内ネタと申しますか、コレなんです。

全国社会保険労務士会連合会 試験センター 社会保険労務士試験オフィシャルサイト

 

そうなんです。

およそ1か月後(2017.07.31現在)、8/27に「第49回(平成29年度)社会保険労務士試験」

が実施されるんです。

 

 

 

 

 

 

「社会保険労務士」ってなんやっと?(鹿児島弁風に)

 

 

この「社会保険労務士試験」、れっきとした国家試験で今年の受験申込者数は約49,900人だそうです。

なんですが、だんだんと申込者数が減ってきています。

 

それもその筈。

 

平成26年度までは、5~9%前後で推移していた合格率が、27年は2.6%と「異常」なほど低下し、28年度は

4.4%と若干戻しましたが、例年に比べればかなり低い合格率となったことが原因だと思われます。

 

 

私見ですが、全国で開業社労士が4万人近くいるのに、さらに毎年4,000人(50,000人×8%)近くの合格者を出

し続ければ、間違いなく構造不況に陥るという、業界側と行政側の思惑が一致した上での処置でしょうから、今

後は以前の様に「5~9%に戻る」という事は無いと思います。

 

 

じゃあ、そこまで合格率の下がった「社会保険労務士」って何なの?何してる人なの?と言う疑問から。

 

 

正直、何度も聞かされた質問です。残念な事に社会的な認知は「全然まだまだ」みたいです。

(これから社労士を目指す方、なられる方は覚悟が必要かも。)

 

 

この質問をされる度に、こう答えることにしています。(ホントの事なんですが、なかばヤケクソで。)

 

「「ヒト」に関する業務全般です。全部です。就職から退職までその間にある手続き、人間関係の不和問題から

組織の改善とか全部ひっくるめて社労士の仕事です。」

 

 

税理士さんは「カネ」ですよね。社労士は「ヒト」です。

 

 

詳しくは書きませんが、社労士には、社会保険労務士法2条1項で社会保険労務士しか行えない「独占業務」と

言ったものが規定されています。

e-gov 社会保険労務士法

 

 

・申請書等の手続きの代行、申請、届出等についての代理

・労働社会保険諸法令にもとづく申請書、帳簿書類等の作成

・労務管理その他労働および社会保険に関する事項についての相談および指導

・労働基準法他関連法令に則った給与・賞与計算業務

・各種助成金申請代行及びコンサルティング

 

まだまだあるのですが、概ねこんな感じです。何となくイメージを掴んで頂けたでしょうか?

 

(悲しいかな、社労士のブログで社労士を紹介するのは「同義反復」ですよね。

だってあまりにも認知されていないんですもの。)

 

 

わたくし事ですが。

 

 

話がだいぶズレちゃいました。試験のことですよね。

試験対策や会場での心構えなどを少しお話しします。(参考になるかなぁ?)

 

 

ここでは詳しい試験問題の検討などは致しません。(いや技術的に出来ません。)

 

 

なのでまず、「えっ!いまさら?こんな時期に??」感が強烈に立ち込める中、わたしも大変お世話になった

サイトをご紹介します。

 

岡野の合格無料ゼミ 社会保険労務士試験講座

 

 

このサイトは大変素晴らしいです。このサイトは無料で利用できるのですが、そのクオリティーがスゴイ!

過去問対策はここだけで充分な気もします。

 

ちなみに、1日300問まで出来たのですが、わたしは毎日300問こなして、常にランキング(もあるんです。)

の上位に居続けることをモチベーションにしていました。

 

 

そして、直前期対策。

わたしは8月に入ったら、模試(特に「選択」問題)ばっかりしていました。

実際、試験を受けられた方はお判りでしょうが、「選択式」問題はほぼ「運」(特に労一、社一)です。

 

(この運要素に起因する部分が大きい為、日本各地で訴訟が提起されました。「社労士試験 訴訟」でググって

みて下さい。事の経緯が良くわかります。ただし、ググるのは試験が終わってから!)

 

この運要素を極力無くす為に、「模試」の問題をこなして間違えまくって、場数を踏みました。

(すると間違えまくった箇所が本試験でも出て、そこは満点でした。非常にありがたかったです。)

 

模試は、有名受験予備校ならばどこでもやるので、全部買っても、そう高いものでもありません。

なので参考までに試しても損は無いかもしれません。

 

 

最後に試験会場での注意点です。

 

 

試験会場では、あんまり「周りを見ない方が良い」かもしれません。

だってみんな「出来そう」に見えちゃうからです。

 

試験自体は、絶対評価で合格ラインに到達さえすれば、必ず合格します。だから周りは全く関係ありません。

頭ではわかっちゃいるが、いざ自分がその立場に立つと動揺しちゃうので、極力周りを気にしないようにしま

しょう。

 

そして、お昼です。

午前中の「選択式」問題の事なんか気にしちゃだめです。

あなたが出来なければ、みんな出来ていないので「救済」(平均点が低い場合、合格ラインを下げる措置の事を

言います。)が必ず入りますから。

 

厚生労働省 社会保険労務士試験の合格基準の考え方について(PDF直リンク)

 

あんまり食べ過ぎず、好きな曲でも聞きながら、校門前で受験予備校の配る予想問題でも確認してください。

 

(わたしはチョコばっかり食べてました。頭が冴えると聞いて。わたしの周りの席にいた方々は異常にチョコ臭

かったに違いありません。ちょっとした異臭騒ぎレベルです。「テロか?なんだこのチョコ臭は!」)

 

 

 

 

最後に

 

 

拙い経験談ばっかりで申し訳ありません。

 

よく資格は「足の裏の米粒」とかに例えられます。

 

「取っても食えんが、取らなきゃ気持ち悪い」みたいな事です。

 

ですが、終わってみると「やり切った自信」だけはつきます。

 

なので、まだ先の事、開業とか収入とかは今は考えず、

 

「やり切る事だけ考える」スタンスで、試験頑張ってください。

 

以前のベテラン受験生、現場からは以上です。